キャッシュパスポートが使える国|海外旅行持ち物・留学ワーホリ準備

キャッシュパスポートが使える国|海外旅行持ち物・留学ワーホリ準備

キャッシュパスポートは通貨によって利用できる国が異なります。また利用できる国は限られていますので、使える国でのみ利用することを考えてください
使える国がどこなのかについて説明します

 

まずはアメリカです。アメリカで米ドルのキャッシュパスポートが利用できます。米ドルのキャッシュパスポートは他の国では対応していないので使えません
北米ではカナダでも使えそうに思われますが、カナダでは利用できない点に注意してください。アラスカは利用可能です

 

次にユーロカードです。ユーロに加入している国では利用できますが、一部利用できない国もあります。北欧では使えない国が多いので気を付けてください
またイギリスは英ポンドカードを利用しない限り、キャッシュパスポートは利用できません。同じヨーロッパでも注意が必要な国です

 

オーストラリアでは豪ドルカードが使えます。オーストラリアは専用のドルを扱っていますので、専用のカードが必要なのです
間違って米ドルカードを使わないようにしてください

 

他の国は日本円カードを利用することができますが、対応していない国もあるので調べた方がいいと思います
また、キャッシュパスポートはアメリカ発祥のものですので、アメリカが経済制裁を行っている北朝鮮等は使用不可能となっています

キャッシュパスポートとは?

海外でお金を引き出す方法には、国際キャッシュカード・クレジットカード・トラベラーズチェック・キャッシュパスポートがあります。海外旅行や海外留学に行くときにおすすめなのは、キャッシュパスポートです。ほかの3つとは何が違うのでしょうか。

 

国際キャッシュカードを利用するには銀行口座を開設する必要があります。銀行口座を開設して現地のATMでお金を引き出して使います。
海外では盗難の心配があります。万が一国際キャッシュカードが盗まれたとき、銀行口座のお金がすべて使われる危険があります。
キャッシュパスポートは銀行口座の開設の必要がありません。万が一盗まれた時でも銀行口座がないから、お金がすべてなくなるという心配がありません。

 

クレジットカードは審査が必要です。キャッシュパスポートは事前にお金を支払って使うプリペイドタイプのカードだから、取引条件に従って利用する方なら審査の必要がなく年齢制限もなしで使えます。

 

トラベラーズチェックは海外でお金を持ち歩かなくてもよい小切手のようなものです。銀行口座の開設が必要ないなど似ている点がありますが、キャッシュパスポートと違う点もあります。トラベラーズチェックは近年利用できる店舗が減少しています。キャッシュパスポートは現地のATMで通貨を引き出して使うもので、どこの店舗でも利用可能です。この点が違います。

大人気記事